コスタリカの保護区カテゴリー

環境保護の先進国として世界から 認知されているコスタリカは、 国土の26%が保護されており、 国家保全地域システム(SINAC)という機関が、 11に分かれたそれぞれの管轄区域にある いくつもの国立公園や野生生物保護区を 管理運営しています。   保護区といっても様々あり、 国際自然保護連合(IUCN)が定めるカテゴリー によって、コスタリカの保護区も以下のように カテゴリー分別されています:   国立公園:28 バイオロジカル・リザーブ:8 森林保護区:9 保全地区:31 野生生物保護区:75 湿地帯:13 自然記念物:1 海洋保護区:2 海洋管理地域:2   これらは、政府機関であるSINACが管理運営する 保護区ですが、モンテベルデ自然保護区は、 熱帯科学センター(CCT)が管理運営している プライベートの保護区であるため 上記のリストには入りません。 モンテベルデ自然保護区のようにプライベート機関が 管理運営している保護区もコスタリカ国内には数多くあるため、 これらの保護区を入れると26%とはかけ離れた 大きな数値が保護区域として出てくるかもしれません。   いずれにせよ、官民が一体となって環境保全、 そして持続可能な開発のために働いている国。 是非、コスタリカへ来て頂き、皆様の目で どのような国なのかを確かめに来てください。        ...

コスタリカエコツアー

地球上で確認されている全生物種の5%が生息する、 生物多様性の宝庫コスタリカ。 人類の財宝であり希望とも言える希少生物や 絶滅危惧種が大切に保護され、 保全と開発が調和する国家を目指すエコ大国。   豊かな生命体を育む驚異的なその大地は、 都心の慌ただしい日常生活に慣れてしまった 私達の感性を取り戻し、生命を潤してくれます。     コスタリカ現地在住のトラベルエージェントであるエコアトラベル、 代表の上田は日本人で唯一コスタリカ政府公認ガイドライセンスを 持つコスタリカのエキスパートです。 トレッキング、野生生物観察、サーフィン、バードウォッチング、 ラグジュアリーなエコツアーから、ワイルドなバックパッカーまで、...

ゴルフォ湾オープンウォーター2015

地球上の全生物の2.5%が生息すると言われる、コスタリカ太平洋側南部のオサ半島。 広大な熱帯雨林の原始林と太平洋がマッチングした、自然愛好家や冒険家にとても 人気のある場所です。 このオサ半島にて、今年で3回目となるオープンフォーターの大会が、先週末土日の 2日間に亘って開催されたました。 持続的な地域開発を目的とするイベントであり、私のガイド仲間が主催者である大会なので 個人的に応援したかったイベント。 今年は、例年の1.5kmと5kmに加えて、ゴルフォ湾の端から端をクロッシングする14kmも行われ、 スイマーとして14km泳ぎたいという思いもありましたが、コスタリカ赤十字社の 水難レスキュー隊員として出動要請があり、今年は大会の安全面をサポートすることに。 大会中は、海も穏やかで素晴らしい天候に恵まれ、参加者そして地元の人達もおおいに イベントを楽しんでいました。 豊かな多様性、広大な原始林、太平洋、そして素朴な人達が暮らすオサ半島へ、是非 遊びに来てください!        ...

ピークを迎えたアリバダ

世界でたった8箇所のうち、最大級とされるオスティオナル海岸の 「アリバダ」現象がピークを迎えております。 「アリバダ」とは、何万、何十万というウミガメが産卵のために 一斉に上陸する現象で、年間をとおして毎月一度、 3日間~5日間ほど続いて起きる現象です。 8月~10月がピークで、月に2回以上アリバダ現象がおきます。   コスタリカ国内には、このオスティオナル野生生物保護区の他に、 サンタロサ国立公園内にあるナンシテ海岸でもアリバダ現象があり、 この2箇所は、ヒメウミガメ(Lepidochelys olivacea)の産卵地と して世界で最も重要な場所とされています。   オスティオナル海岸においては、コスタリカ国内で唯一、 ヒメウミガメの卵を合法的に”有効活用”することができる ユニークな取り組みが行われています。 次から次に産卵のため上陸するウミガメは、すでに砂浜に埋まっている 卵を掘り返してしまうので、アリバダ現象が始まって最初の数時間に産んだ 卵は、地元の地域開発協会のボランティアのみが掘り返しても良い ことになっています。この許可は環境エネルギー省が与え、 生物学者の研究結果に基づき、掘り返してもよい数は決められており、 保護区のレンジャー立会いの下行われます。 地元の地域開発協会は、この卵を”有効活用”しますが、 どのように有効活用するのかは、コスタリカに来て頂いた 折にお話しさせて頂きたいと思います。...