コスタリカ・カリブハイライト 6泊7日

自然・文化・人々の全てが多様でおもしろい魅力のカリブ

ツアーのポイント

  • 見どころの多いカリブ側低地を重点的に効率よく巡るコースです。
  • 先住民族、ジャマイカ出身の黒人、アジア人、ヨーロッパ人、メスティーソ等、コスタリカ国内で最も多様な人種が入り混じり、独特の文化が漂う地域を訪れます。
  • 鬱蒼と広がる熱帯多雨林に生息する多様な野生生物を観察します。
  • 透き通ったカリブ海と、海のすぐ傍に広がるジャングルをお楽しみ頂けます。
  • 先住民居住区に訪れ、原始林で野生生物を観察する他、先住民が使用する薬草や様々な文化を学びます。
  • 7月~10月は、アオウミガメの産卵及び孵化を観察できる可能性が高いです。
  • 3月~8月は、オサガメの産卵及び孵化を観察できる可能性が高いです。
  • 5月~10月は、タイマイの産卵及び孵化を観察できる可能性が高いです。
  • 3月、4月、及び9月~11月は、1日に6万羽と言われる猛禽類の渡り鳥が観察できます。
  • ご希望される場合は、日本人ナチュラリストガイドがスルー又はスポットでガイドいたします。*日本人ガイドのスケジュールが合わない場合は英語ガイドになりますのでご了承ください。

 

スケジュール

1日目: サンホセ空港到着。現地係員がホテルへ送迎。(宿泊地:San José)

2日目: 午前、車とボートを乗り換えてトルトゥゲーロへ移動。午後、トルトゥゲーロ村やホテル周辺を散策。 夜:時期であるならばウミガメの産卵を観察。 (宿泊地:Tortuguero)

3日目: 早朝、トルトゥゲーロ国立公園をボートで散策。朝食後、ガンドカ・マンサニージョへ向かって移動。昼食後、ホテル周辺のビーチ&熱帯雨林をご自由に散策。(宿泊地:Gandoca-Manzanillo, Playa Chiquita, Playa Negraのいずれか)

4日目: ガンドカ・マンサニージョ野生生物保護区を散策。昼食後、プエルト・ビエホの町を散策。夜:時期であるならばウミガメの産卵を観察。(宿泊地:Gandoca-Manzanillo, Playa Chiquita, Playa Negraのいずれか)

5日目: 午前中、先住民居住区内の原始林にて自然観察、また先住民が利用する薬草など彼ら独自の文化を学ぶ。昼食は、居住区内にあるサイエンティフィックセンターにて。(時期であるならば、猛禽類の大移動を観察) 夕方ホテルに帰着。(宿泊地:Gandoca-Manzanillo, Playa Chiquita, Playa Negraのいずれか)

6日目: 朝食後、サンホセへ向かって移動、途中、アエリアル・トラム(ゴンドラ遊覧)の施設にて昼食、自然観察。サンホセに到着後は自由行動。(宿泊地:San José)

7日目: 出発まで自由行動。空港へ送迎。

 

コスタリカ旅行ウミガメ産卵観察
コスタリカ旅行カリブ
コスタリカ旅行トルトゥゲーロ

オプショナルツアー

Gandoca Manzanillo & Puerto Viejo
ナイトツアー
野生生物レスキューセンター訪問
カウイータ国立公園散策
カヤック
乗馬
イルカウォッチング
ダンスレッスン

このコースで訪れる保護区

Tortuguero
トルトゥゲーロ国立公園

Manzanillo
ガンドカ・マンザニージョ野生生物保護区

Puerto Viejo
ケコルディ先住民居住区

準備にお勧めするもの

高温多湿の熱帯雨林気候ですので、日焼け対策雨対策は必須です。
その他、夜間にウミガメを観察する時の赤色ライト虫除け、また朝晩、涼しく感じられる時もありますので少し羽織るものがあれば良いかと思います。靴は、歩きやすいトレッキングシューズの他、サンダル、水着などもお好みでご持参ください。

おすすめ時期

年間を通して雨が降る地域ですが、降雨量の少ない月は2月~5月、9月、10月となっております。尚、降雨量の多い月は6月、7月、12月です。

 

このツアーの詳細及び金額等に関しては、以下のお問合せフォームからお問合せください。

尚、滞在ホテルのグレード、食事や延泊アレンジ、日本語ガイドなどお客様のご希望も沿えて頂くことが出来ます。