【6月~9月の夏季限定ツアー】

ツアーのポイント

☆ 著名な昆虫学者と日本人政府公認ガイドがツアーに同行!

☆ 昆虫の他、哺乳類、爬虫類、両生類、鳥類、植物とコスタリカの大自然を大満喫!

☆ 世界で最も美しい滝と謳われるリオ・セレストへ訪問!

☆ 大人気のタバコン温泉にてゆっくりできます。

世界で最も多様な生物の密集しているコスタリカにおいて、今回は野鳥や動植物だけではなく、昆虫にもスポットを当てて観察します。

ライト・トラップの仕掛けから森林での昆虫探しにいたるまで、コスタリカの著名な昆虫学者が同行してくれるので、とても貴重な体験をすることが出来ます。また、熱帯雨林に生息する多様な野生生物を政府公認日本人ガイドが分かりやすく案内・説明してくれるのでお子様でも安心して参加できます。

世界で最も美しい滝の一つと謳われ、BS-TBSの世界絶景紀行でも紹介されたリオ・セレステ(水色の川)にてハイキングをお楽しみ頂けるほか、豊富な水量でとても人気のあるタバコン温泉を訪れ、旅の疲れをゆっくり落とせます。

 

時間 スケジュール内容
1日目: サンホセ国際空港にて日本人ガイドが出迎え後、ホテルへ移動。着後自由行動【サンホセ泊】
2日目: ホテルにて各自朝食。
08:00頃 ビハグア・デ・ウパラへ出発。(所要時間約5時間)ロッジ到着後昼食。
15:00頃 熱帯雨林の豊かな生物を観察しながら昆虫観察用のトラップを仕掛けます。
18:00頃 ホテルにて夕食。夕食後、仕掛けたトラップへ行き昆虫観察(所要約1時間半) 【ビハグア・デ・ウパラ泊】
3日目: ロッジにて各自朝食。
08:00頃 プライベートリザーブにて熱帯雨林の多種多様な生物を観察(所要約3時間)
12:00頃  昼食後。カエル&ナマケモノ観察ツアーに参加(所要約2時間)
18:00頃 ホテルにて夕食。夕食後、仕掛けたトラップへ行き昆虫観察(所要約1時間半) 【ビハグア・デ・ウパラ泊】
4日目: ロッジにて各自朝食。
07:00頃 世界で最も美しい滝の一つと謳われるリオ・セレステがあるテノリオ火山国立公園ハイキング(所要約7時間)。
18:00頃 ホテルにて夕食。夕食後、仕掛けたトラップへ行き昆虫観察(所要約1時間半) 【ビハグア・デ・ウパラ泊】
5日目: ロッジにて各自朝食。
タバコン温泉へ移動。旅の疲れを温泉でゆっくり癒してください。昼食後サンホセへ移動(所要約3時間)【サンホセ泊】
6日目: ロッジにて各自朝食。フライトにあわせてサンホセ空港へお送りします。

ツアーに同行する昆虫学者の紹介

昆虫学者:マヌエル・スンバド Manuel Zumbado

30年近くに亘りコスタリカ生物多様性研究所(Instituto Nacional de Biodiversidad)にて野生生物標本コレクションとインベントリー(目録)の作成に責任者として携わる。(植物、菌類、昆虫からなる同研究所のコレクションは国際的にも世界有数と認められています。)

同国においてナチュラリストガイドやパラタクソノモと呼ばれる分類補助員へ教鞭を取るなど、コスタリカにおける昆虫学の第一人者的存在。コスタリカと熱帯アメリカの双翅目など著作物多数。

 


【ツアー催行日】

限定期間において11回のツアーとなります。お客様のご都合の付く日程を以下よりお選びください

  • 6/6~6/11
  • 6/13~618
  • 6/20~6/25
  • 6/27~7/2
  • 7/4~7/9
  • 7/11~7/16
  • 8/1~8/6
  • 8/22~8/27
  • 8/29~9/3
  • 9/5~9/10
  • 9/12~9/17

日程はコスタリカ空港到着日から出発日となります。

 

【ツアーに含まれるもの】

2日目~4日目の全食事、5日目の朝食・昼食、6日目の朝食スケジュールに記載の観光地の入場料、コスタリカ人昆虫学者アテンド、政府公認日本語ガイド(昆虫学者の通訳含む)、車輌代金。

 

【服装や持ち物】

・動きやすい服装、はきなれた靴にてご参加ください。
・熱帯雨林であるためスコールのような雨が降ってくる場合があります、カッパやポンチョコートなど両手を使える雨具が便利です。
・サンホセは標高1000メートルの場所に位置するため朝晩は多少冷え込むときがあります。ウインドブレーカー等あれば便利です。
・森林での観察のおりに双眼鏡や虫眼鏡があると便利です。

 

 

この期間限定の昆虫ツアーは、『株式会社エイチ・アイ・エス』のツアー窓口においても販売されております。
詳細は次のリンクから➡https://vacationpack.his-usa.com/city/sjo/detail.php?tid=3881

お問合せは以下のお問い合わせフォームからどうぞ