コスタリカの保護区カテゴリー

環境保護の先進国として世界から

認知されているコスタリカは、

国土の26%が保護されており、

国家保全地域システム(SINAC)という機関が、

11に分かれたそれぞれの管轄区域にある

いくつもの国立公園や野生生物保護区を

管理運営しています。

 

保護区といっても様々あり、

国際自然保護連合(IUCN)が定めるカテゴリー

によって、コスタリカの保護区も以下のように

カテゴリー分別されています:

 

国立公園:33
バイオロジカル・リザーブ:8
森林保護区:9
保全地区:31
野生生物保護区:75
湿地帯:14
自然記念物:1
海洋保護区:2
海洋管理地域:2

 

これらは、政府機関であるSINACが管理運営する

保護区ですが、モンテベルデ自然保護区は、

熱帯科学センター(CCT)が管理運営している

プライベートの保護区であるため

上記のリストには入りません。

モンテベルデ自然保護区のようにプライベート機関が

管理運営している保護区もコスタリカ国内には数多くあるため、

これらの保護区を入れると26%とはかけ離れた

大きな数値が保護区域として出てくるかもしれません。

 

いずれにせよ、官民が一体となって環境保全、

そして持続可能な開発のために働いている国。

是非、コスタリカへ来て頂き、皆様の目で

どのような国なのかを確かめに来てください。