海からの使者の感動の産卵シーン

世界最大級の集団産卵「アリバダ」

太古から生きてきたウミガメ、地球上で起きた様々な気候の変化・変動にも耐え、生き延びてきたにもかかわらず、現在、世界に分布する7種のウミガメのうち、6種が絶滅の危機に瀕しています。

この素晴らしい生き物を絶命に追いやったのは我々人間以外の何者でもありません。

乱獲、混穫と延縄漁業、生息環境の破壊と変化、汚染などの人為的要因がこのまま続けば、私たちの子孫は、このウミガメという生き物を一生見ることが出来なくなるかもしれません。

ウミガメは成長するまでに長い時間を要し、生息範囲が広域で多様な自然環境が必要であることから、保護活動も一地域や一国に留まるものではなく、人類レベルで取組んでいく必要があると考えています。

コスタリカは、世界でも最大級の集団産卵「アリバダ」を見られる海岸を太平洋側に2箇所も有し、カリブ海に生息するウミガメが産卵にやってくるトルトゥゲーロやガンドカなど、ウミガメの生態に深くかかわっている土地であることから、世界に先駆けてウミガメの保護活動を実施する使命があると弊社は考えております。

ウミガメの産卵や孵化を直接目の当たりにすることによって、また、彼ら(ウミガメ)が100分の1、また1,000分の1という確率で大人になり、大海原を移動して生まれた海岸に戻ってくるドラマを目前にした時、人は深い感動に包まれます。私たちはその感動を共有し、自然保護への決意と信念としていただきたく、この素晴らしい生物の産卵シーンをツアーとしてご紹介いたします。

 

コスタリカ 海ガメ産卵マップ

コスタリカには、世界に存在する7種のウミガメのうち5種類が産卵のために上陸します。
年間を通していずれかの海岸でウミガメが産卵をしており、コスタリカにご訪問される時期によってウミガメの産卵ツアーを組むことが可能です。

ウミガメ産卵ツアーと他の自然観察ツアーを組み合わせて、心に残る感動の旅を是非、体験してください。

 

コスタリカ 海ガメ産卵時期

この自然現象観察の詳細及び金額等に関しては、以下のお問合せフォームからお問合せください。

尚、他にも関心のあるツアーや自然現象、滞在ホテルのグレードや日本語ガイドなどお客様のご希望も沿えて頂くことが出来ます。

 

 

[recent_products per_page="12" orderby="menu_order" columns="4"]