コスタリカのすごいところ

コスタリカという国をご存知でしょうか?
最近は、テレビなどでも紹介されて知名度も上がってきましたが
ひと昔前は、「アフリカ?」とか 「何処の島?」
など、コスタリカが何処にあるかを知らない方も大勢いました。
というか、知っている人のほうが少なかったと思います。

コスタリカは、ここにあります↓↓

※手書きの矢印は気にしないでください。。。
北米と南米のあいだ、中米にあります!
ただ、この地図のスケールだと分かりにくいので、以下、ここです↓↓

有名なパナマ海峡のあるパナマの上の国なんですねー

コスタリカは、小国ながら大変ユニークな国なので、
今回からシリーズで、「コスタリカのすごいところ」を紹介していきます!

今回のタイトルは 「そこらじゅうに野生生物がいる」

最後の秘境と呼ばれるコルコバード国立公園にて

コスタリカの国土は小さく、地球の表面の0.03%しかありません。
0.1%もないんです。。。
でも、野生生物の種類が多く生息している国の世界上位20に入っているんです。
つまり、ブラジルやコロンビアなど、
アマゾンを含む広大な面積を持つ国と同じように、
多様な生物が生息しています。

でも、コスタリカのすごいところは、
小さな国土に多くの種類が生息していること。
例としてブラジルと比較してみましょう。

コスタリカより166.6倍も大きな国土のブラジルは、1,000㎢あたり平均で、
6.5種の植物、0.2種の鳥類、0.05種の哺乳類が生息しています。

コスタリカはというと、同じ1,000㎢あたりの平均で、
234.8種の植物、16.9種の鳥類、4.6種の哺乳類が生息しています。

そして、この51,100㎢の面積(北海道の6割)しかないコスタリカには、
なんと、地球上で確認されている生物種の約5%にあたる50万種が生息し
世界で最も生物多様性密度が高い国なんです!

すごいですねーコスタリカ ♪

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *